PHOTONOBAは全国のフォトスタジオ・写真館に関するいろいろなおすすめ情報を発信するメディアサイトです。

七五三の写真を残そう!男の子におすすめ・人気の髪型や衣装とは

子どもの成長を祝う行事である七五三で悩んでしまいがちなのが、髪型や衣装に関することです。女の子の場合は様々なヘアレンジを楽しんだりできますが、男の子の場合はどうしたら良いの?と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

そこで七五三に関する基礎知識や、男の子におすすめの髪型や衣装などについてご紹介します。参考にしてみてください。

男の子は3歳でも七五三のお祝いをする家庭が増えている

男の子の七五三は5歳のみ祝うものと考えている方も多いはず。ですが近年は、3歳と5歳にお祝いをする方が増えてきました。そもそも古来は、3歳と5歳に男の子のお祝いを行っていたのです。

七五三はまだ日本が貧しく、薬などもそれほど出回っていなかった時代に、子どもが無事に成長できたことを祝うために行われた行事でもあります。

3歳になった年に髪を伸ばし始める儀式である「髪置(かみおき)」が行われるのですが、これは男女が対象となっています。七五三の起源について考えると5歳だけでなく、3歳に七五三を行うのもおかしなことではありません。もちろん5歳のお祝いだけでも良いのですが、どちらも祝ってみてはどうでしょうか。

3歳の男の子におすすめの髪型・衣装

3歳の男の子は、七五三でどのような髪型・衣装を選べば良いのでしょうか。ポイントと注意点についてご紹介します。

髪型

先述したように、3歳の七五三は髪置の儀式が行われていたことに由来するお祝いです。古来の日本では、赤ちゃんのうちは髪の毛を剃っておいたほうが健康な髪の毛が生えてくると伝えられていました。3歳になると赤ちゃんを卒業するという意味もあり髪を伸ばし始めるため、このタイミングで無事に成長してきたことを祝う髪置の儀が行われたのです。このように3歳の七五三は髪と関わりが深いといえます。髪型にもこだわってみましょう。

3歳は髪が薄く見えてしまう子どももいますが、その場合は軽くワックスをつけて全体をくしゃくしゃっともみこむだけでもボリュームが出て見えます。他にもソフトモヒカンや普段の髪型を活かしたナチュラルなスタイルも人気です。髪の毛のボリュームがないから前髪を切りそろえる程度しか切っていないという方は、このタイミングで一度、美容室で相談してみるのも良いですね。

衣装

3歳といえばまだ子どもなので、集中力や体力も長く続きません。そのため着るのが難しい衣装や長く着ていると疲れてしまう衣装は避けておいたほうが無難です。

重要なポイントとしておさえておきたいのが、3歳の七五三では着物の上に羽織る被布が定番だということ。帯を締めないこともあり、窮屈さを感じさせません。この被布を七五三でできるのは3歳の時だけです。

5歳の七五三からは羽織袴姿になるので、3歳の被布では可愛らしさを重視してみてはどうでしょう。男の子らしいカラーだけでなく、淡い色合いの衣装も人気です。

5歳の男の子におすすめの髪型・衣装

3歳と5歳では七五三の意味合いが異なります。髪型と衣装について確認しておきましょう。

髪型

3歳の頃に比べると髪の量も増え、ヘアレンジの選択肢も多くなります。サイドを刈り上げるツーブロックや、トップを長めにするソフトモヒカンも人気のスタイルです。普段の髪型を活かしたいと考えているなら、ワックスやスプレーを使うヘアアレンジもおすすめ。自分でセットする場合は当日にうまく決まらないと困ってしまうので、何度か練習を重ねておくのがおすすめです。

衣装

5歳の七五三は「袴着(はかまぎ)」と呼ばれるお祝いです。これは初めて袴を着用する儀式であり、紋付きの着物と合わせて袴を着用するのが定番です。一般的には身長の4倍の布を使って仕立てた着物である「四つ身」を着用します。羽織については必須ではないのですが、フォトスタジオ・写真館のレンタル衣装では羽織もセットになっているケースが多いので、合わせて検討してみましょう。

羽織を選ぶ際には、描かれているモチーフの意味をチェックして考えてみるのがおすすめです。例えば扇は末広がりであることから繁栄や大成、鷹は視野が広いことから先見の明を持った子どもに育って欲しいなどの意味があります。

その他3歳・5歳の七五三で揃えておきたい物リスト

定番の小物と、3歳、5歳におすすめの小物についてご紹介します。

定番の小物

着物以外に定番の小物は次の通りです。

草履
末広(扇子)
懐剣
お守り

末広、懐刀、お守りは脇に差します。

3歳

男の子用の草履は、女の子のものと違ってかかとが高くありませんが、長時間履いていると疲れるので履き慣れている靴も用意しておきましょう。また飲み物を飲む際に衣装を汚さないように、ストローを持参するのがおすすめ。スタジオで写真撮影をする場合は飽きてしまう可能性もあるので、おもちゃやお菓子なども持っていきましょう。

7歳

7歳になるとある程度落ち着きが出てくるので、お詣りが終わったら衣装のままで食事をして帰ろうと考える方もいるはず。しかし特にレンタル衣装の場合は汚れてしまうと大変なので、エプロンやタオルなどを持参しましょう。

フォトスタジオ・写真館で衣装もバッチリ!準備万端でいい思い出を残しましょう

七五三は成長を祝う大切な行事ではありますが、衣装や髪型について悩んでしまう方もいますよね。そういった方に是非ともおすすめしたいのがフ、ォトスタジオ・写真館での撮影です。次のようなメリットがあります。

様々な衣装から選べる

七五三でしか着物を着ない場合、購入すると高くついてしまうため、レンタルで済ませるのがおすすめです。フォトスタジオ・写真館なら実に様々な衣装が用意されていますし、予算に合わせて選ぶことができるのも魅力。また七五三は着物が定番ですが、スーツなどの洋装写真を撮影したい方もいるでしょう。フォトスタジオ・写真館では衣装替えもできるため、いろいろな衣装を楽しめます

着付けをしてもらえる

着物だけをレンタルしても、着付けがわからなければ大変です。フォトスタジオ・写真館では着付けもまとめてお願いできるので、着物に慣れていない方でも安心できますね。

ヘアメイクにも対応

女の子に比べると男の子はヘアアレンジが難しく、ワックスなどを使ってもうまくまとまらないことがあります。フォトスタジオ・写真館ではヘアメイクもしてもらえるので、普段とは違ったヘアアレンジを楽しめるでしょう。

思い出に残る写真撮影

プロのカメラマンが撮影してくれるので、非常に品質の高い写真になります。自分のスマホで撮影をしてみたものの、あとから確認したところブレていたり逆光になっていたりして、きちんと撮れていなかった、写りがいまいちだったということもありますが、プロの手にかかればそういった心配もありません。

準備をして臨むことが大切

七五三は子どもが無事に成長してきたことを祝い、さらなる成長を祝うための行事なので、きちんと準備をして行いたいですね。今回ご紹介したように衣装や髪型についても事前に良く考えておくのがおすすめです。

フォトスタジオ・写真館では七五三の時期が近づくと専用のプランを用意している所も増えるため、フォトスタジオ・写真館での撮影についても検討してみてはどうでしょうか。衣装レンタルを利用できるのはもちろんのこと、着付けやヘアアレンジまでしてもらえるので安心です。七五三前後の時期は予約も混み合うので、早めに予約を入れておくことをおすすめします。

753 男の子
最新情報をチェックしよう!