PHOTONOBAは全国のフォトスタジオ・写真館に関するいろいろなおすすめ情報を発信するメディアサイトです。

フォトスタジオ・写真館でハーフバースデーフォトを撮ろう

「ハーフバースデー」は生後6か月目の赤ちゃんの記念日。もともとは海外のイベントでしたが、最近では日本でも定着しフォトスタジオ・写真館で記念撮影する人も絶えません。

そこで今回は、赤ちゃんのハーフバースデー撮影についてご紹介します。撮影できる写真のパターンや衣装に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてくださいね。

赤ちゃんのハーフバースデーとは?

ハーフバースデー

「ハーフバースデー」とは、赤ちゃんが誕生してから6か月目に行われるイベントのこと。ハーフバースデーの頃には、ハイハイやおすわりができるようになって、積極的におもちゃで遊ぶ子も。初めてできることも多く、赤ちゃんの成長を毎日のように感じられる時期でもあります。

もともとは海外のイベントでしたが、最近では日本でも一般的に行われているハーフバースデー。赤ちゃんの動きが多くなってくることから、フォトスタジオ・写真館でさまざまなバリエーションの記念撮影をする方も少なくありません。

フォトスタジオ・写真館ではどんなハーフバースデー写真が撮れる?

笑顔の赤ちゃん

最近話題になっているフォトスタジオ・写真館でのハーフバースデー写真。一体どんな写真が撮れるのかを見ていきましょう。

ハーフバースデーで撮れる写真

ハーフバースデーで撮影できるのは、「赤ちゃん」と「子ども」のどちらの魅力もあわせもった姿。生後6か月になると、お宮参りの頃よりも表情が豊かになって、動きも大きくなってきます。ニコニコとした笑顔を撮影したり、ドレスやお洋服をしっかりと着た可愛らしい姿を残したりすることも可能。もちろん、ベビーヌードも撮れる時期です。

ハーフバースデーだからこそ撮れるカット

ハイハイをしているカット、つたい歩きをしているカットは、ハーフバースデーのこの時期だからこそ撮影できるもの。1歳になる頃にはしっかりと歩けるようになっている赤ちゃんも多いので、ハーフバースデーの時期を逃すと撮影できなくなってしまいます。

自宅撮影とフォトスタジオ・写真館撮影の違いは?

ハーフバースデーの記念撮影は、もちろん自宅でも行うことができます。ただし、フォトスタジオ・写真館よりも写真の完成度が低くなることは事実でしょう。自宅では写真専用の背景や照明を用意することが難しいものです。

また、フォトスタジオ・写真館には、赤ちゃん専用の衣装やきぐるみが用意されていることも多く、自宅よりも豊富なバリエーションで撮影が可能です。赤ちゃんらしい可愛らしさが十分に引き出された完成度の高い写真を残したいなら、スタジオでの撮影をおすすめします。

ハーフバースデー写真をスタジオで撮影する場合の費用相場

料金 イメージ

ハーフバースデー写真をフォトスタジオ・写真館で撮影する場合、費用は3万~5万円が平均的です。もちろんスタジオによって料金は変わるので、割引などを利用すればもっとリーズナブルになることもあります。

撮影の費用を節約するためには、撮影日を平日にすること、商品代金を安くすること、データだけのプランを選ぶことがポイント。商品というのは、撮影した写真で作成する商品のことで、台紙・アルバム・フォトフレームなど、商品によって価格は大きく変わるので、節約したい場合は安価な商品を選びましょう。また、商品なしでデータだけのプランに対応しているスタジオであれば、データのみを購入すれば費用の節約になります。

フォトスタジオ・写真館への予約から撮影までの流れ

それでは、フォトスタジオ・写真館での、予約から商品引き渡しまでの流れについて見ていきましょう。

STEP1:撮影の予約をする

まずは撮影を希望するフォトスタジオ・写真館に撮影の予約を入れてください。当日に赤ちゃんが泣いてしまったときのために、後日の撮り直しができるかどうか、その場合に追加料金がかかるのか、などについても確認しておきましょう。

STEP2:撮影日までに衣装を選ぶ

撮影日前にスタジオに行って赤ちゃん用の衣装を選びます。もちろん、手持ちの衣装を着せるという選択肢もOKです。

STEP3:着替え・ヘアメイク

撮影当日はまず赤ちゃんの着替えをしますが、スタジオによっては、希望に合わせてヘアメイクをしてくれるところもあります。

STEP4:撮影

撮影本番です。希望する撮影カットにあわせて、カメラマンが赤ちゃんを可愛く撮影していきます。

STEP5:写真の確認・選定

撮影した写真を確認する段階です。フォトスタジオ・写真館の中には、撮影した中から好きな写真を選べるというサービスを行っているところもあります。

STEP6:商品の引き渡し

写真が商品として完成したらスタジオに行って受け取り、撮影は完了です。2週間~1ヵ月くらいで完成します。

ハーフバースデー撮影で子どもに着せる衣装の選び方

ハーフバースデー

ハーフバースデーの頃の赤ちゃんは着られる衣装も増えてきます。フォトスタジオ・写真館にも豊富に用意されていますが、やっぱり人気なのはドレスやチュチュ。男の子であれば凛々しい袴ロンパースや、蝶ネクタイつきタキシード風ロンパースが人気です。

衣装を選ぶときは希望する写真の雰囲気にあうことも大切ですが、素材や形を重視することもポイント。慣れない洋服だと赤ちゃんが嫌がる可能性もあるので、柔らかめの素材を使った着やすい衣装を選びましょう。

家族写真も撮れる?撮影時におさえたいポイント

せっかくのハーフバースデー、主役だけの写真とあわせて家族写真を撮るのも良いでしょう。一緒に写る親族の範囲に決まりはありませんが、ご両親とご兄弟だけというケースが多いようです。服装は赤ちゃんの衣装にあわせることが基本で、ドレスなどのフォーマル風の衣装であればフォーマルに、着ぐるみなどのカジュアルな衣装ならカジュアルで良いでしょう。

注意したいことは、主役よりもご家族の服装が目立ってしまわないこと。色味を抑えて、主役である赤ちゃんが目立つようにしたいですね。

家族写真を撮影する場合、追加で料金がかかる場合もあるので、あらかじめフォトスタジオ・写真館に問い合わせておくと安心です。

大切な記念写真を残すときのポイント

誕生日の赤ちゃん

ハーフバースデー撮影など大切な記念写真を残すときは、次のようなポイントに気をつけながら、フォトスタジオ・写真館のサービスもフルに活用しましょう。

楽しさや思い出を残せるようにする

隙のないきれいな写真よりも、楽しさが感じられ、思い出に残る「物」が写っている写真のほうが記念になります。とくに赤ちゃんがその時期に気に入っていたおもちゃなどは、思い出に残る物としておすすめ。ぜひ一緒に撮影しておきましょう。

家族全員の気持ちに余裕があるときを選ぶ

家族写真を撮るなら、慌ただしい中で記念撮影をしても、気持ちに余裕が持てず良い表情を残せません。赤ちゃんの機嫌や体調の良さに配慮することも大切ですが、家族全員の気持ちに余裕があるときに撮影しましょう。

とくに大切な思い出はアルバムやフォトフレームとして残す

フォトスタジオ・写真館では、撮影した写真を使ってハードカバーのアルバムを作ったり、フォトフレームを作成したりすることもできます。人生の中でとくに大切な思い出だと思える記念写真であれば、一生モノとしてワンランク上の残し方をしてみることをおすすめします。

フォトスタジオ・写真館で人気のハーフバースデー撮影!

生後6か月目のハーフバースデーは、赤ちゃんの動きや表情が多くなってくる時期。その成長を写真におさめようと、フォトスタジオ・写真館での撮影が大人気です。赤ちゃんから子どもへと成長する時期は限られていて、あっという間に過ぎてしまうもの。今しか残せない瞬間を、大切な記念写真として残したいですね。

ハーフバースデーの衣装や撮影パターンはさまざまで、アイデア次第でバリエーション豊かな写真を残せます。家族写真として残しても思い出深いものになるでしょう。赤ちゃんらしい姿を残せる貴重なハーフバースデーの写真。フォトスタジオ・写真館でぜひ撮影してみましょう。

ハーフバースデー
最新情報をチェックしよう!
>PHOTONOBAの想い

PHOTONOBAの想い

PHOTONOBAは、「photo の場」と「noble=素晴らしい、上等な」を掛け合わせたもの。
上質で素晴らしいフォトスタジオ・写真館が見つかるサイトになるようにという想いを込めています。

この名前に込めた想いどおり、フォトスタジオ・写真館を探すあなたのお手伝いができるよう努めてまいります。