PHOTONOBAは全国のフォトスタジオ・写真館に関するいろいろなおすすめ情報を発信するメディアサイトです。

フォトスタジオ・写真館で履歴書用の証明写真を撮るメリットやポイント

履歴書用の写真を撮る方法といえば、街中でもよく見かけるスピード写真や、自撮りアプリを使った方法が代表的です。

しかし、それよりもおすすめなのがフォトスタジオや写真館で撮るという方法だといえます。

その理由やフォトスタジオ・写真館で撮影をするメリット、気をつけたいポイントなどについてご紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

履歴書用写真はフォトスタジオ・写真館で撮ったほうが良い?

履歴書というのは、あなたを全く知らない方に自分をアピールするための非常に重要なものでもあります。そこで貼られている写真が与える印象というのは、とても大きいものだといえるでしょう。

貼られている写真が暗かったり、写りが悪いようだと良い印象を与えることはできません。やはり専門的な知識を持って、撮影をサポートしてくれるフォトスタジオ・写真館で写真を撮影したほうが、良い写真が撮れるのは間違いありません。

直接的に合否に影響することはない

証明写真 履歴書イメージ

プリクラを貼ったりしない限り、選んだ写真が原因で合否に影響してしまうような心配はほぼありません。明らかにマナーのなっていない写真を選んだりしなければ、それほど問題はないでしょう。

ですが第一印象というのは、採用する人材を見極めようと考えた際にとても重要になってきますよね。やはりプロが撮影するものということもあり、スピード写真とは少し違ってみるものです。

「きちんとしている」という印象を与える効果も期待できるので、少しでも良い印象を与えたいと考えているのであれば、フォトスタジオ・写真館での撮影を検討してみてはどうでしょうか。

フォトスタジオ・写真館で撮影するメリットとは

証明写真 撮影風景イメージ

履歴書に貼る写真を撮影する方法として、昔から代表的なのがスピード写真です。また近年は、スマホアプリを使った自撮りソフトも流行していて、そういったものを活用して撮影した写真を使う人も増えてきました。

これらに比べ、フォトスタジオ・写真館で撮影した写真を選択するメリットとしては次のようなものが挙げられます。

プロが撮影をしてくれる

スピード写真もかなり性能が良くなっており、まるでプロが撮影したような印象の写真を撮ることは可能です。

しかし、一瞬の良い表情などを見逃さないプロのカメラマンが撮影した写真というのはわずかな違いが現れます。

第三者の目でみてもらえる

自分で最も良いと感じる写真と、他の人がこれがベストだと選ぶ写真は全く違ったりします。履歴書用の写真を撮影するのなら、やはり第三者が見て良いと感じる写真を選択したいものですよね。

フォトスタジオ・写真館で撮影すれば、証明写真について専門的な知識を持ったスタッフやカメラマンの方の意見を聞くこともできるので、人から見て印象の良い写真を選択することができます

写真以外のアドバイスが受けられる

証明写真用の撮影に力を入れているフォトスタジオ・写真館の場合、ただ撮影するだけでなく、さまざまなアドバイスをしてくれます。

たとえばスーツの着こなしを正してもらえたり、好印象を与える表情の作り方だったり。さらにはヘアメイクなどをしてくれるフォトスタジオ・写真館もあるので、総合的にお任せすることも可能です。

満足できる履歴書用写真を撮るために気を付けたいポイント

写真を撮影する前に考えておきたいこと、気を付けておきたいことがいくつかあります。特に重要なポイントについて4つご紹介するので、参考にしてみてください。

服装

証明写真 服装イメージ

基本はスーツです。男性の場合は派手すぎないネクタイを選択し、無地のシャツ、黒や紺のスーツを選びましょう。女性は黒か紺のスーツ、白のブラウスを選びます。間違っても胸元の開いている服は選ばないようにしましょう。

ただ服装の基本は、職場で働いている時のことをイメージしやすいものを選ぶのがおすすめです。私服で働く職場であれば、無理にスーツを着る必要はありません

髪型

証明写真 髪型イメージ

前髪が長すぎるのはNGです。眉や目にかからない長さに切るか、目を隠さないように横分けにします。ロングヘアの女性は、ひとつに束ねるかハーフアップにするのが基本です。

また、髪色にも注意しましょう。たとえば、ある程度明るい髪色を認めている職場でも、証明写真はナチュラルな髪色のほうが印象は良いです。

メイク

証明写真 ナチュラルメイクイメージ

ナチュラルメイクにします。女性の場合メイクはマナーです。ノーメイクは印象を悪くしてしまうことがあるので、注意しなければなりません。

またナチュラルメイクをする場合、全体的に薄くすればいいと考えるのはNGです。ポイントは印象の良い写真を撮るためのメイクをするということ。たとえば肌荒れが酷い場合は、多少ファンデーションを厚く塗ったほうが印象は良くなります。

メイクといえば女性がするものですが、男性も目の下のクマなどが酷い場合はファンデーションやコンシーラーを使うと隠せるので、挑戦してみてはどうでしょうか。

フォトスタジオ・写真館ならメイクに関するアドバイスももらえます。

表情

証明写真 表情イメージ

口元を閉じた状態で軽く口角を上げます。事前に鏡の前で表情の練習をしておくと良いですね。それから、あごをしっかり引いて正面を向いて撮影します。姿勢を正すことも大切です。

履歴書用の証明写真を撮る前に確認しておきたいこと

事前に確認しておくと安心できるポイントをまとめました。

写真のサイズ

縦40mm×横30mmが基本です。ただし企業によって指定のサイズが異なる場合があるので、よく確認しておかなければなりません。また、スピード写真で誤ってパスポート用サイズを選択してしまうと、履歴書用の写真に比べてサイズが大きくなってしまうので注意が必要です。

背景

背景は白か水色もしくはグレーが基本となります。自分で撮影する際などには気を付けましょう。

必要な枚数

必要な枚数は人によって違いますが、10枚以下で済んだという方が大半です。スピード写真機で撮影するのなら、写真が不足するたびに撮り直しても良いのですが、フォトスタジオ・写真館で撮影する場合は、足りなくならないように注意しましょう。

費用は高くなりますが、データをもらっておくと安心できますね。データがあれば焼き増しも依頼できます。

証明写真を履歴書に貼る際の注意点

履歴書イメージ画像

気を付けておきたいのは次の3点です。

写真の裏に名前を書いておく

貼り付けが甘かったなどの理由で、剥がれてしまう可能性もゼロではありません。油性のペンで写真の裏に横書きで名前を書いておきましょう。

のり、または両面テープで貼る

のりを使う場合は、液状タイプだと写真がよれてしまうことがあるため、スティックのりかテープのりを選択したほうが良いです。剥がれないしっかりとした粘着力があるものを選択しましょう。両面テープはよれる心配もなく、きれいに貼りやすいです。

使いまわしはNG

使いまわすと写真がくたびれているので担当者にわかります。横着な人というイメージを与えてしまうことがあるので、必ず毎回新しいものを使いましょう

履歴書用の証明写真にはこだわろう

少しでも印象を良くするための写真を撮りたいと考えているのなら、フォトスタジオ・写真館で撮影をしましょう。もちろん、写真写りさえ良ければそれで良いわけではありません。服装選びや表情など基本的なポイントもおさえておくことが大切です。実際にスピード写真や自撮りアプリを使って撮影した写真と、フォトスタジオ・写真館で撮影した写真は、印象が全く違ったと自分自身で実感している方も多いです。

自信を持って就職活動に挑みたいと考えている方は、ぜひフォトスタジオ・写真館で証明写真を撮影してみてください。

証明写真 イメージ
最新情報をチェックしよう!