PHOTONOBAは全国のフォトスタジオ・写真館に関するいろいろなおすすめ情報を発信するメディアサイトです。

フォトスタジオ・写真館でペットと写真は撮れる?撮影のコツも紹介

フォトスタジオ・写真館で、家族同然に過ごしているペットの写真を撮ることはできるのでしょうか

ここではフォトスタジオ・写真関連のペットの扱いや、写真を撮る際に気をつけておきたいこと、具体的に撮影する際の流れなどについてご紹介します。

大好きなペットとすてきな写真を撮りたい方は参考にしてみてください。

フォトスタジオ・写真館でペットと写真は撮れる?

ペット イメージ

一口にペットといっても、人によって何を飼っているか変わりますよね。ペットの撮影に対応しているかどうかというのは、各スタジオによって異なるので、必ず事前に確認しておきましょう。

また、ペット同伴での撮影は事前に予約と連絡が必要です。何の連絡もなしにペットを連れて行った場合、撮影を断られてしまう可能性が高いので注意してください。

どのような写真が撮れる?

素人ではなかなか撮影できないような、プロならではの写真を撮影してもらえます。たとえば、専用の小物やペット用衣装が用意されていて、ハロウィンやクリスマス、お正月など、季節の行事に合わせた1枚を撮影できるのも魅力

ペットの撮影に対応しているフォトスタジオ・写真館はペットの扱いに慣れていることもあり、一緒に過ごしているペットの新たな一面を引き出してくれます。

撮影可能なペットの種類

こちらもどのフォトスタジオ・写真館に依頼するのかによって変わりますが、ペット写真の撮影可としているところは基本的にどんな種類のペットでも撮影をしてくれる場合が多いです。しかし、ペットの種類によっては断られる場合もあるので、確認しておきましょう。

ペット写真が撮れるフォトスタジオ・写真館の選び方

ペット イメージ

ペットの写真を撮影できるフォトスタジオ・写真館はたくさんあるので、その中でもどのスタジオを選べば良いのか悩んでしまうことがあります。次の3つのポイントに注目してみましょう。

貸衣装があるか

ペット専用の貸衣装を用意するスタジオが増えてきました。特に、季節ごとのイベントにちなんだ写真撮影をしたいと考えている方にとって、貸衣装は重視したい項目だと言えるでしょう。事前に自分のペットにぴったりの洋服サイズを調べておくと、当日の衣装選びも効率よく進められます。

撮影場所について

スタジオによっては出張撮影という形で外での撮影ができる場合もあります。広い芝生の上などを走り回っている姿を撮影したいと考えている方は、外での撮影ができるかチェックしておきましょう。

ペット撮影の実績があるか

当然ながら、人間を相手にするのとペットを相手にするのとでは撮影のコツも違ってきます。人間を撮影するのは得意であるもののペットは苦手…というカメラマンさんもいるので、実績を確認しておきましょう。実績や得意としている撮影についてはインターネット上からチェックできるお店が多いです。

また、ペットの撮影が得意な「ペトグラファー」と呼ばれる人が在籍しているお店を選ぶと失敗しにくいといえます。

ペット写真を撮る際に知っておきたい注意点

ペット イメージ

フォトスタジオ・写真館でペットの写真を撮りたいと考えた際には、次のようなことに注意しておかなければなりません。

時間が指定されることがある

ペット同伴での撮影は時間帯が決められていることがあります。スタジオによっては最終枠のみ受付可能というところもあるので気をつけましょう。

ケージは必ず持参

普段おとなしくても興奮してしまうことがあるので、必ずケージは持参したほうが良いでしょう。特に、普段から落ち着きのないペットの場合は、スタジオからケージ持参の指示がなくても忘れずに持っていきましょう。

前日、または当日までのシャンプー指示があるケースも

シャンプーに関しても必ず済ませておくように指示があるケースがあります。こちらもスタジオによってルールが異なるので事前に確認しておくと安心です。

基本は撮影時のみ同伴

ペットは常に一緒にいるのではなく、基本的に撮影する時のみスタジオに入る形をとっているところが多いです。指示に従いましょう。

撮影可でも断られるケースもある

ペットの撮影を受け付けているフォトスタジオ・写真館だったとしても、タイミングによって断られることがあります。たとえば、前後にペットアレルギー持ちのお客さんの予約が入っている場合などはそちらが優先されることもあるのです。

スタジオによって条件が異なる

狂犬病予防接種と各種混合ワクチンをしていることなどが条件になる場合もあります。

かわいいペット写真を撮るためにおさえたいポイント

ペット イメージ

撮影してくれるのはプロのカメラマンですが、かわいい写真を撮るためには次のように飼い主がしっかりサポートすることも重要です。

お気に入りのおもちゃで目線を誘導

お気に入りのおもちゃを持っていくと、目線を誘導することができます。ペットの大好きなおもちゃを持参しましょう。

ペットが安心するものを持っていく

スタジオ内ではいつもと違う雰囲気なので興奮したり、怯えてしまったりするペットも多いです。普段よく使っているペット用の毛布など、近くにあると安心するものがあれば持っていくといいですね。

できれば事前にしつけを

犬の場合、「まて」や「おすわり」などの基本的なしつけができていた方が落ち着いて写真撮影ができます。全くしつけができていない人の場合は撮影しようにもひとつの場所にとどまってくれずに苦戦ししまうことがあるので、しっかりしつけをしておきましょう。難しい場合は抱いて撮影するなども検討したいですね。

フォトスタジオ・写真館でペット写真を撮影する流れ

どのような流れで写真撮影をすることになるのかご紹介します。

1.予約

まずは予約です。ペットの写真が撮影可能か確認しましょう。

また、「一度に撮影できるのは小型犬2頭まで」というように撮影可能な数が決められていることもあるので予約時に確認しておくと安心です。

2.受付

受付をします。どのような衣装を着せたいのか、どのようなシーンの撮影をしたいのかあらかじめ決めておくとスムーズです。

3.撮影

撮影の時間は決められているので、効率よく撮影ができるように進めていきましょう。ペットの集中力は長く続かないので飼い主のサポートが必要です。

4.会計

どの写真をプリントするのか選び、アルバムなどの商品を選んだら会計です。

5.お渡し

当日その場で渡されるよりも後日自宅に届けられるケースが多いです。かかる日数を確認しておきましょう。

ペット写真撮影にかかる費用の目安

ペット イメージ

フォトスタジオ・写真館によって料金は全く異なるので事前に確認が必要です。料金相場としては人物の撮影の合計料金よりも10,000円程度安く済むことが多いと言えます。

たとえば、人物の料金相場は撮影料が0~3,000円、オプション料金が2万4,000円前後、プリント料金が3万6,000円前後となっていて、合計料金が5万~6万円程度です。これよりも少し安くなるケースが多いので、4万~5万円程度が相場と考えておきましょう。

なお、人物も一緒に撮影する場合は料金が割り増しになることがあるほか、ペットの撮影も人物の撮影料金と同じとしているスタジオもあります。

思い出に残るすてきな1枚を

スマートフォンなど使って大切なペットの写真を撮影することもありますよね。ですが、プロの手にかかると自分で撮るのとはまた一味違った写真を撮影することができます。

近年はSNS用にペットの写真を撮影する人も増えていることからフォトスタジオ・写真館の中にもペット撮影が可能なところが増えてきました。個人で用意するのが難しいようなたくさんの小物、貸衣装を取りそろえているところもあるので、気になるフォトスタジオ・写真館に足を運んでみてはどうでしょうか。その際には今回ご紹介した写真撮影のポイントや、注意点についても参考にしてみてくださいね。

>PHOTONOBAの想い

PHOTONOBAの想い

PHOTONOBAは、「photo の場」と「noble=素晴らしい、上等な」を掛け合わせたもの。
上質で素晴らしいフォトスタジオ・写真館が見つかるサイトになるようにという想いを込めています。

この名前に込めた想いどおり、フォトスタジオ・写真館を探すあなたのお手伝いができるよう努めてまいります。