PHOTONOBAは全国のフォトスタジオ・写真館に関するいろいろなおすすめ情報を発信するメディアサイトです。

マタニティフォトを撮ろう!撮影時期や費用・時間はどれくらい?

お腹の中に赤ちゃんがいるという、この時しかない瞬間を写真に残す「マタニティフォト」が人気です。マタニティフォトの撮影に対応しているフォトスタジオ・写真館も増えています。

いざマタニティフォトを撮影しようと思っても、具体的にいつ頃に撮影すれば良いのか、どれくらいの費用がかかるのかなど不安を感じている方もいるはず。おさえておきたいポイントについてご紹介します。

あわせて読みたい

関連記事

マタニティフォトとは、妊娠中のお腹の大きな女性の姿を撮影した写真のことです。マタニティフォトは、子どもが生まれて会話ができるようになってから「この時はまだママのお腹にいたんだよ」と生まれる前の思い出を一緒に振り返ることができると、今たくさん[…]

マタニティペイント イメージ

フォトスタジオ・写真館で撮るマタニティフォトとは

マタニティイメージ

大きくなったお腹の写真は自分で撮影することもできますが、やはりおすすめなのはフォトスタジオ・写真館で撮影してもらう方法です。これには次のような理由があります。

質の高い写真が撮れる

近年はスマホのカメラなども非常に高品質になってきましたが、やはりフォトスタジオ・写真館で、プロのカメラマンが本格的なカメラを使って撮影する写真には遠く及びません。どのようなポーズや見せ方をするのかについても、専門的な目で見たアドバイスをしてもらえますし、おしゃれな写真を撮影したいと考えている方にも、フォトスタジオ・写真館がおすすめです。

セルフマタニティフォトは難しい

マタニティフォトということもあり、重要なのは大きく膨らんだお腹です。しかし自分で撮影すると影ができる部分が暗くなりすぎてしまったり、光の調整がうまくできなかったりして、苦戦してしまう方もいます。プロに撮影してもらえればそのような心配もありません。

大切な瞬間を逃さない

セルフで撮影をして出産後にゆっくり写真を確認してみたところ、納得できないポイントが出てきたとしても、撮影をやり直すことはできません。妊娠中のお腹が大きい期間は数ヶ月程度しかないので、この貴重な瞬間を逃さないようにしましょう。

納得のいく写真を撮影するためにもフォトスタジオ・写真館を選んでおくと安心です。

マタニティフォトの撮影時期はいつがベスト?

マタニティイメージ

妊娠していることがわかるように、お腹が大きくなってきたタイミングで撮影するのがおすすめです。

ベストな時期は妊娠7ヶ月~9ヶ月

特にお腹が大きくなってくるのが妊娠7ヶ月~9ヶ月の時期。ただお腹の膨らみ方は個人差も大きいので、これよりも早く撮影したほうが適しているケースもあります。体調とも相談しながらベストな時期を考えましょう

事前に夫婦で話し合いを

マタニティフォトを撮影するフォトスタジオ・写真館については早めに考えておきましょう。ホームページを運営しているフォトスタジオ・写真館なら、インターネット上から過去に撮影されたマタニティフォトが確認できるケースも多いため、参考にしながら考えるのがおすすめです。

予約はお早めに

妊娠7ヶ月~9ヶ月頃に撮影しようと考えていても、この時期が大宮参りや七五三の時期と同じになるとなかなか予約が取れませんから、早めに予約を済ませておくようにしましょう。できれば3ヶ月前には予約を取っておいたほうが安心です。

フォトスタジオ・写真館でマタニティフォトの撮影にかかる費用の目安

料金 イメージ

マタニティフォトの撮影をしようと考えた際に気になるのが費用の問題です。具体的な費用についてご紹介しましょう。

3万円が相場

フォトスタジオ・写真館で撮影を行う場合、3万円が相場とされています。ただ写真の枚数によっても相場は変わってくるので、2~4万円程度で考えておきましょう。

料金の内訳は、撮影料3,000円前後+商品代となります。写真代はデザインアルバムやキーホルダー、シールなどの小物、台紙など様々なものがあり、どれを選択するかによって料金が大きく異なるので注意が必要です。またマタニティフォトは体調が悪い時でも対応しやすい、自宅への出張撮影も人気がありますが、この場合は交通費や機材の移動費として5,000円~の費用が発生するため、この費用も考えておかなければなりません。

衣装・小物の費用について

マタニティフォトでは料金の中に衣装代が含まれているケースもあれば、別途費用がかかることもあります。小物類もどれを選択するかによって費用が変わってくるのでよ、く確認しておきましょう。

予算を抑えるための工夫

予算を抑えるためには、衣装や小物を持ち込むのも1つの方法です。ただし持ち込み料がかかるスタジオの場合は、レンタルしたほうがお得なケースもあので気をつけておきましょう。持ち込み料がかからない場合、100円ショップなどで購入したミニガーランドやメッセージボードなどのアイテムをうまく使い、総合的な費用を抑えることも可能です。

早期予約で割引になるケースもあるので、マタニティフォトの撮影を決めたのなら早い段階で予約を済ませておきましょう。

撮影の流れと所要時間の目安について

全体的な流れについて確認しておきましょう。次のようになります。

1.店舗の比較、予約
2.来店、受付
3.着替え、ヘアセット・メイク(30分程度)
4.撮影(30分程度)
5.写真選び(30分~1時間程度)
6.納品

全体で1時間から2時間程度となっています。なお選んだ商品は当日受け取れるわけではなく、数週間後にお渡しとなるケースがほとんどです。

撮影で着るのはどんな衣装がいい?

マタニティフォトで着る衣装として、次のようなものが人気です。

セパレートタイプ

チューブトップやビスチェにスカートを合わせたスタイルが定番です。大きくなったお腹をしっかりアピールできます。

ふんわり素材のマタニティドレス

肌を露出したくない場合は、ふんわり素材で作られたマタニティドレスもおすすめ。素材がやわらかいものならお腹の大きさもわかります。

カジュアルな服装

白シャツにデニムのようにカジュアルな服装も人気です。リラックスして撮影したい方から選ばれています。

マタニティフォトの撮影で知っておきたいポイント

マタニティイメージ

マタニティフォトを撮影する際には、次のようなことをおさえておきましょう。

家族写真について

旦那さんや上の子どもと一緒に撮影をするのも人気です。一緒に撮影する場合も料金内に含まれるスタジオがたくさんあります。ただ気をつけなければならないのが衣装に関すること。特に子ども服の場合は用意があるものの、大人の男性は衣装やセットがなく、私服での撮影になることがあります。

カメラマンについて

特に肌を露出する写真を撮影する場合、男性カメラマンだと何となく不安な方もいるでしょう。女性カメラマンに対応してもらえるかどうかはフォトスタジオ・写真館によって異なるので、事前に確認が必要です。

撮影内容について事前打ち合わせできるか

電話やメールで事前打ち合わせができるスタジオが多いです。例えば自分の場合はどのタイミングを選択すれば一番キレイにお腹を撮影できそうかなども含めて相談してみましょう。

当日や撮影中に気分が悪くなった時の対応

妊娠中ということもあり、急に体調が崩れてしまうこともあります。マタニティフォトプランを用意しているスタジオなら、こういった時の対応もしっかりしていることがほとんどです。

体調を崩しやすい方は、室内スタジオでの撮影を選んでおくと何かと安心できますね。具体的にどのような対応をしてくれるのか事前に確認しておくのがおすすめです。

赤ちゃんとの初めての写真撮影

マタニティフォトは赤ちゃんと撮影する最初の写真でもあります。赤ちゃんが生まれて大きくなったら、ママのお腹の中にいたときの様子を見せてあげられるので、子どもにとってもステキな思い出になるでしょう。妊娠中は体調が崩れやすいということもあり、バタバタした予定を立ててしまうと大変です。マタニティフォトの撮影を検討しているのであれば、早い段階で予約をする、準備を始めるなど対策してみてはどうでしょうか。

フォトスタジオ・写真館を選ぶ際には、マタニティフォトの撮影経験が多いところを選んでおくと失敗しません。どこで撮影するのかについては慎重に検討しましょう。

マタニティイメージ
最新情報をチェックしよう!
>PHOTONOBAの想い

PHOTONOBAの想い

PHOTONOBAは、「photo の場」と「noble=素晴らしい、上等な」を掛け合わせたもの。
上質で素晴らしいフォトスタジオ・写真館が見つかるサイトになるようにという想いを込めています。

この名前に込めた想いどおり、フォトスタジオ・写真館を探すあなたのお手伝いができるよう努めてまいります。