PHOTONOBAは全国のフォトスタジオ・写真館に関するいろいろなおすすめ情報を発信するメディアサイトです。

入園・入学の記念写真10選|思い出に残る可愛い記念写真を撮ろう

桜が舞う春の季節、誰もが新しく新鮮な気持ちになるこの時期の記念撮影といえば、入園・入学記念ですよね。

全国のフォトスタジオ・写真館にはお得な入園入学キャンペーンがたくさん。けれども「入園入学はセルフ撮影で十分じゃない?」と思われている方も多いでしょう。実はフォトスタジオ・写真館で撮る入園・入学には、セルフ撮影にはないメリットが盛りだくさん!今回はプロに撮影してもらう入園入学記念のメリットや衣装・おすすめの撮影イメージをご紹介をしたいと思います。

わが子の大切な門出は、フォトスタジオ・写真館のプロのカメラマンにおしゃれにかわいく残してもらいませんか?

セルフ撮影と何が違うの?フォトスタジオ・写真館のメリット

近年スマホの進化で自分でも簡単に綺麗な写真が残せるようになりました。

セルフでもある程度記念撮影ができるので、「七五三やお宮参りはわかるけど入園入学もプロにお願いするの?」と思っている方もいると思います。そんななか、フォトスタジオ・写真館での入園入学が人気となっているのは、いったいどうしてなのでしょうか。

その人気の秘密はフォトスタジオ・写真館にあってセルフ撮影にはない、「ならではのメリット」にあります。

環境を気にせず撮影できる!

入園式・入学式当日に雨が降ってしまった!その場合、よく見る校門前での記念撮影もなんだか暗い印象に・・・雨が降っていると傘を持ちながらスマホやカメラを構えなければならず、撮影は極めて困難になるでしょう。さらにたくさんの子どもたちが集まる幼稚園や学校では、写真に別の子どもが写りこんでしまうこともあります。せっかくの記念日、思い出を形に残すなら美しい形で残しておきたいですよね。

フォトスタジオ・写真館では基本室内で撮影をおこないます。そのため天候に左右されずに、きれいな状態で撮ることができるでしょう。また店舗によっては撮影スペースを貸し切って撮影をおこなってくれるので、人目を気にせず撮影できますし、ほかの子どもが写真に写りこむ心配もありません。確実に素敵な写真が手に入りますよ!

家族全員で写真が撮れる

フォトスタジオ・写真館ではプロのカメラマンが撮影を担当してくれます。セルフ撮影だと撮影している人は写真に写ることができないので、家族全員そろっての撮影が困難な場合がありますが、フォトスタジオ・写真館で記念撮影をすれば、家族みんなで写真を撮ることができます。大切なわが子の記念日、この機会に家族全員で楽しい時間を過ごされてはいかがでしょう。

プロの撮影技術で雑誌のような写真が手に入る!

プロのカメラマンは、被写体がより美しく自然な魅力を出せるアングルやポーズの知識を持っています。光の加減や体の向きなど、こちらとコミュニケーションをとりながらベストの形で写真を残してくれるので、何年たっても色あせない素敵な1枚が手に入ることでしょう。

そして集中力の短い子どもが主役の撮影は極めて困難です。プロはそんな子どもたちの特性を理解し、スピーディに撮影をしてくれるので小さな子どもでも安心して撮影を任せることができますよ。

ここならではのおしゃれが楽しめる

フォトスタジオ・写真館のなかにはレンタル衣装を用意している店舗があります。

なかには店舗オリジナルの衣装を取り扱っていることもあり、ほかと差をつけたここならではのおしゃれが楽しめるでしょう。ヘアメイクに関しても、プロが無料で担当してくれる場合が多く、記念日の撮影をよりおしゃれでかわいらしく残すことができます。店舗によっては式当日も衣装のレンタルができるので、「1回の式のためだけに衣装を買うのはちょっと・・・」という方におすすめです。

お得なキャンペーンが多い

先に少しふれましたが、全国のフォトスタジオ・写真館では入園・入学キャンペーン・イベントをおこなっています。なかには衣装レンタル付きで1,000円(税別)~利用できる格安プランも!今までフォトスタジオ・写真館での撮影にハードルを感じていた方も、ぜひこの機会にプロの撮影技術を実感してみませんか?

入園・入学記念撮影におすすめなフォトスタジオ・写真館の選び方

入園・入学の記念撮影に限らず、フォトスタジオ・写真館を選ぶのは大変なもの。どんなポイントに注意して写真館を選べばいいのか見ていきましょう。

レンタル衣装をチェック

レンタル衣装を考えているのであれば、どんな衣装があるかはチェックが必要です。

七五三やお宮参りなど撮影する人が多いイベントであれば、衣装の取り扱いを行っている店舗は多いですが、入園・入学用の衣装は取り扱いがないという店舗も。そもそも衣装があるのかや、どんな衣装があるかについてはしっかりチェックしておきましょう。

持ち込み可否と料金についてをチェック

持ち込みができるかどうかや、できる場合は料金が追加でかかるかどうかをチェックしておきましょう。特に入園・入学の記念撮影の場合は、ランドセルや制服(ある場合のみ)での撮影も記念に残るため、あらかじめ確認しておくのがベストです。

家族撮影の追加料金について

入園・入学の記念写真であれば、家族の写真も残しておきたいところ。店舗によっては家族での撮影に追加料金が必要な場合もあるため、この部分も確認しておくと良いでしょう。

入園・入学の記念撮影って何を着ればいいの?

「子どもの入園入学って何を着せるのが正解なの?」「親は何を着ればいいの?」そんな悩みを持った方はいらっしゃいませんか?指定の制服がある場合は心配する必要はありませんが、幼稚園や小学校は特に服装が指定されていない場合がほとんどです。ここでは入園入学記念にふさわしい衣装をご紹介したいと思います。

子ども

入園式・入学式はいくら子どもとはいえ大切な門出の式です。ここでは清潔感が重要視されるので、ある程度かっちりとしたフォーマルな服装が一般的とされています。

男の子はネクタイや蝶ネクタイ付きのスーツがおすすめ。ジャケットの色はシンプルに黒や紺、グレーが定番です。「なんだかちょっと物足りない・・・」と感じた方は、ネクタイやシャツ、ベストに色を加えて差し色コーデにしてあげましょう。スラックスを子どものうちだからこそ着られる半ズボンにしてもかわいいですよ!靴は普段の運動靴よりも革靴の方が雰囲気にぴったりで素敵な仕上がりになります。

女の子はワンピースや制服風のセットアップがおすすめ。色は男の子と同じく黒や紺の落ち着いた音か、淡いパステルカラーも春らしくてかわいいですよ。ものによっては肩が出ているタイプのワンピースもありますが、4月は春とはいえまだまだ肌寒い季節です、上から羽織れるカーディガンなどを合わせてあげましょう。靴はワンピースの場合はドレスシューズ、制服風コーデの場合はローファーがおすすめです。歩きなれない靴はけがにつながるので、どちらもヒールの低いものを選んであげてくださいね。

大人

大人も目立ちすぎないシンプルな服装が一般的。色合いもシンプルに淡いパステルカラーやモノトーンを基調としたものが良いでしょう。

ママはスカートでもパンツでもどちらでも大丈夫ですが、裾丈が短すぎないものを選ぶと大人っぽくきれい目なスタイルに見えます。ワンポイントとしてパールネックレスや小ぶりのイアリングをつけても素敵ですね。なかには和装を着る方もいらっしゃいます。「自分で着るのは難しいけど和装も着てみたい!」という方は、フォトスタジオ・写真館での前撮りで訪問着を着てみてもいいと思います。式と写真で2パターンのおしゃれを楽しめますよ!

パパはフォーマルなダークカラーのスーツが一般的とされています。ただしネクタイに関しては黒・白といった極端な色は避け、適度に柄の入ったものや、落ち着いたカラーのものを取り入れると良いでしょう。

入園・入学の記念写真10選|どんな写真を残したいか考えよう

1. 可愛い背景セットでおしゃれに

オレンジスタジオ名古屋

引用元:https://orangestudio.jp/photo-gallery/babykids/ 撮影店舗:Orange studio NAGOYA(愛知県名古屋市)

可愛いスタジオセットでの撮影は定番。成長するわが子の写真を残してみましょう。前撮りをする場合は、あえて私服などで撮るとその時らしい姿が残せて素敵です。


大進創寫館 入卒

引用元:https://so-sha.co.jp/gallery-tax/nyuuen-seifuku/ 撮影店舗:大進創寫館(広島県・山口県)

制服や指定の服装がある場合は、着用した写真も残しておくと思い出になります。桜の時期なので季節感を出すのも◎

2. シンプルなセットでわが子の魅力を最大限引き出す

引用元:https://stars-studio.net/ 撮影店舗:stars(埼玉県所沢市)

シンプルなセットで撮影するのも◎カメラマンの技術力の高さが浮き彫りになるシンプルな背景セットでの撮影は、この瞬間の子どもの魅力を最大限引き出してくれます。


引用元:https://www.happilyphoto.jp/gallery/?checked[]=plan_ny 撮影店舗:happilyフォトスタジオ(全国)

ランドセルやお気に入りのアイテムなどと一緒に撮るとより思い出深い1枚に。兄弟・姉妹で入園入学・卒園卒業の時期が被る場合一緒に残すと良いでしょう。

3. 可愛い・かっこいい衣装でおめかしして

Ao photo

引用元:https://www.aophotost.com/baby-kid-s 撮影店舗:Ao Photo(大阪府堺市)

おそろいの衣装・髪型・小物でおめかしして、姉妹で同じポーズを。


プレシュスタジオ 入卒園

引用元:https://www.precieux-studio.com/plan/school/ 撮影店舗:プレシュスタジオ(全国)

かっこよくきめて、芝生風のカーペットにごろん。これからの学校生活を想像させるワイルドながらも可愛い1枚に。


引用元:https://www.caratt.jp/kids/photo-gallery/graduation/ 撮影店舗:STUDIO CARATT(全国)

せっかくの記念日だから、ドレスを着て撮影するのも◎ 憧れの衣装で心躍る撮影を。

4. いつもの姿を残す

キッズ、子供、写真撮影11

引用元:https://www.lifestudio.jp/photo/kids 撮影店舗:LIFE STUDIO(全国展開:新横浜店)

あえてかしこまらず、日常のワンシーンのような姿を残すのも。

5. 家族のカタチを残そう

引用元:https://www.post-create.com/stpost/gallery/ 撮影店舗:STUDIO POST(関東:代々木上原店)

大切な記念日だからこそ、家族の写真も残してみてください。


引用元:https://laquan.com/gallery/spring.html 撮影店舗:LAQUAN STUDIO(関東)

かっちり・おしゃれが合わさった写真。正装で記念撮影をしておけば、年賀状や祖父母への報告にも使えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

パパやママと一緒にいる時間が多かった赤ちゃんの頃から成長して、外の世界へ飛び出していく入園式・入学式。さまざまな子どもの成長記録のなかでも重要なイベントです。国内にはそんな入園・入学祝いをおしゃれにかわいく残せる、フォトスタジオ・写真館がたくさん!店舗ならではの背景セットや衣装、ヘアメイクだけでなくフォトスタジオ・写真館での記念撮影にはセルフ撮影では味わうことができないたくさんの魅力がつまっています。

ちょっぴりお兄さんお姉さんになったわが子の頼もしい姿を、プロの撮影技術で美しく残してみませんか?ピカピカのランドセルやバックを得意げに持つ姿は今限定のかわいらしさがあります。ぜひそんな初々しい姿を成長記録のなかに入れてあげてくださいね。

入園入学 イメージ
最新情報をチェックしよう!